たりちゃん雑記帳

行って、買って、食べて良かったおすすめの物や日々の生活で感じたことなどを書いていきます♪

私は答え合わせをする為に本屋へ行きます!

f:id:tarichan:20210222162004j:plain

自分の信じている事を他の人も同じように思っていると知ると、「やっぱそうだよね!」と安心するところがあります。私にとって本屋は自分の求めている言葉、そうだったら素敵だよね!と思えるような言葉をかけてくれる場所で、自分の中ですでに出ている答えと答え合わせをして、心が落ち着く場所です。

 

例えば、3.11の震災の後、私は関東在住ですがショッキングな映像や余震や計画停電なので心がざわざわする日々がありました。

その頃たまたま訪れた本屋さんで【だいじょうぶだいじょうぶ】という絵本に出会い、孫が様々なトラブルと遭遇するたびおじいちゃんが「だいじょうぶだいじょうぶ」と声をかけ安心させるという内容。

一時この本をお守りの様に何回も読んでは不安な気持ちを落ち着かせていました。

 

また結構前から、自分の思っている事って結構叶ってきたな、と思っていて、中学生の頃あまり学校になじめず生きるのが楽しくなかったのですが、その頃高校生になったらこんな友達が出来て、こんな過ごし方をして、と明るい未来をしつこく想像していたら、高校時代はそのように明るく楽しい時間を過ごせました。やりたいと思った職業も、間接的には全て叶いました。また、今日この子からメールが来る!とか〇〇ちゃんとばったり会ったりして!とか思うとそのような事が現実に起こったり。そんな時あまり寄らないスピリチュアル系のコーナーに寄り、【こうして、思考は現実になる】という引き寄せの法則の本を知り、やっぱり思っている事が現実に起こるのは私だけじゃないんだ!となんか再確認しました(笑)この本は実験を通して読者も引き寄せを一緒に体験する内容で、スピリチュアルっぽい話が苦手な方も、理科の実験みたいに楽しみながら読み進められます♪

 
本屋に行くと自分の欲しい言葉を本を通して言ってもらえます。でもそれは、沢山の本の中から、欲しい言葉を自分で探していて、普段注目していないだけで言われたくない言葉、知りたくない情報が書かれた本もきっとあるのです。私も信じたくない情報が書かれた本を読むこともあります。例えば、株の楽しさを書いた本、もう一方は株は危ないからやめた方が良いと書かれた本。←例は極端ですが(笑)しかも株は全く詳しくないけど。
 
自分の思いと反対の意見があると不安になりますよね(;^ω^)そうなるとどんどん楽しくなくなってしまうので、私は自分が安心できる本を選んでいます。テレビより知りたい情報が探しやすく、テレビより知りたくない情報が勝手に入りにくいので本を読むのは好きです♪
 
読んでいただきまして有難うございました。